高野山観光TOP > 壇上伽藍 > 大塔の鐘

大塔の鐘

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 大塔の鐘
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

弘法大師が大鐘の鋳造を発願され、真然大徳の時代になってようやく完成したと伝わる「大塔の鐘」。火災等により度々鐘楼が焼失し、改鋳が繰り返され現在の銅鐘は、1547年(天文16年)に完成したものです。直径が約2mと非常に大きく、日本で4番目に大きな鐘であったことから「高野四郎」の愛称で呼ばれるようになりました。現在でも使われており、午前4時、午後1時、午後6時、午後9時、午後11時と1日5回時刻を知らせています。
大塔の鐘(高野四郎)

カテゴリー: 壇上伽藍 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

トラックバックURL: http://xn--54qu5ydv0bd1gtwl.com/danjyougaran/%e5%a4%a7%e5%a1%94%e3%81%ae%e9%90%98.html/trackback

大塔の鐘の上へ